株式会社Total Life Design(トータルライフデザイン)運営 © 2023 Total Life Design (トータルライフデザイン) 保険相談窓口おすすめランキング厳選20社!【2024年】徹底比較! - トータルマネーデザイン

保険相談窓口おすすめランキング厳選20社!【2024年】徹底比較!

  • 保険相談におすすめの窓口は?
  • 保険相談をするならどこがいい?

保険の相談や見直しをする時に活用してほしいのが、保険相談窓口です。

しかし、保険相談窓口はどこを選べばいいのか悩んでしまう人は多いでしょう。

そこで、この記事ではおすすめの保険相談窓口を紹介します。

その他、保険相談の具体的な内容や保険相談サービスの選び方、保険相談をする際の注意点なども合わせて解説します。

保険相談のおすすめをまとめると
  • 保険相談は基本的に何度でも無料
  • 保険相談は店頭・訪問・オンラインから選べる
  • 保険以外の家計全般の相談ができる
  • 保険相談ショップを利用することで複数の保険会社の中から比較検討できる
  • 保険相談窓口おすすめランキング1位は『ほけんのぜんぶ
↓保険の無料相談はこちらから ↓
ほけんのぜんぶ 無料相談

ほけんのぜんぶ-公式サイト

関連記事

ほけんの窓口の評判と口コミがやばい?からくりやメリット・デメリットを解説

目次

保険相談窓口おすすめランキングTOP10

保険相談窓口_おすすめ_ランキング

保険相談窓口おすすめランキングTOP10を紹介します。

それぞれの特徴を把握し、自分にピッタリな保険相談窓口を利用してください。

取扱保険会社数 相談方法 予約方法 FP資格者
ほけんのぜんぶ 40社以上 店舗型、訪問型 ネット、電話 在籍
保険見直しラボ 20社以上 訪問型 ネット、電話 在籍
保険クリニック 50社以上 店舗型、訪問型 ネット、電話 在籍
保険見直し本舗 40社以上 店舗型、訪問型 ネット、電話 在籍
保険ライフ 50社以上 訪問型 ネット、電話 在籍
保険相談ニアエル 担当FPによる 店舗型、訪問型、オンライン ネット、電話 在籍
マネードクター 20社 店舗型、訪問型、オンライン ネット、電話 在籍
保険市場 27社 店舗型、訪問型、オンライン ネット、電話 在籍
保険マンモス 担当FPによる 訪問型、オンライン ネット、電話 在籍
保険deあんしん館 42社 店舗、訪問、オンライン Web、電話 在籍
ほけんの窓口 40社以上 店舗型・オンライン・電話 ネット・電話 在籍
みんなの生命保険アドバイザー 訪問型・オンライン ネット 在籍
LifeR 16社 訪問型・オンライン ネット・電話 在籍
保険無料相談ドットコム 37社 訪問型・オンライン ネット・電話 在籍
マネプロ 50社以上 訪問型・オンライン ネット・電話 在籍
マネーアドバンス 訪問型・オンライン ネット 在籍
マネーキャリア 50社 訪問型・オンライン ネット・LINE 在籍
ゼクシィ保険ショップ 21社 店舗型・オンライン ネット・電話 在籍
保険deあんしん館 最大42社 店舗型 ネット・電話 在籍
ほけんパレット 38社 訪問型・オンライン ネット 在籍

1位:ほけんのぜんぶ

保険相談_おすすめ_ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶのおすすめポイント
  • 保険の選択肢が豊富
  • 何回でも無料で相談できる
  • 子育て世代・シニア世代に強い

ほけんのぜんぶは、FP資格取得率100%、累計申し込み件数は19万件以上と多くの人に選ばれています。

保険に関する相談はもちろん、子供の教育資金や住宅ローンなどのお金に関するあらゆることを相談できます。

取り扱っている保険会社数は40社以上で、さまざまな保険商品をじっくり比較検討できるのがメリットです。

保険のことを全く知らない人でも丁寧に説明してくれるので、安心です。

無理な勧誘を受けることはないので、納得してから保険契約ができます。

取扱保険会社数 40社以上
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 店舗型、訪問型
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍
↓保険の無料相談はこちらから ↓
ほけんのぜんぶ 無料相談

ほけんのぜんぶ-公式サイト

2位:保険見直しラボ

保険相談_おすすめ_保険見直しラボ

保険見直しラボのおすすめポイント
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 要望に合った保険の提案してくれる
  • 業界経験歴平均12.1年のベテラン勢

保険見直しラボは、利用者満足度97.3%を超える保険相談窓口です。

コンサルタントの業界経験年数は12.1年と、訪問型の代理店として国内最大級の約70拠点を構えています。

最短10秒で自分にマッチしたコンサルタントの提案を受けられるので、なかなか保険相談に時間を割けない人でも利用しやすくなっています。

37社の保険会社からライフプランに合った最適な保険を選ぶために、オーダーメイドでプランニングしてくれるのも嬉しいポイントです。

イエローカード制度を導入しており、担当者との相性が合わなくても変更することもできます。

取扱保険会社数 20社以上
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

保険見直しラボ-無料相談

3位:保険クリニック

保険相談_おすすめ_保険クリニック

保険クリニックのおすすめポイント
  • 約50社の優れた保険会社の中からプランニング
  • わかりやすく丁寧な説明
  • 「保険IQシステム」を用いた客観的な分析・提案

保険クリニックは、日本初の来店型保険ショップです。

20年以上の実績と経験があり、一生涯のサポートを行っています。

アフターサービスが充実したところでの相談を希望している人には、特におすすめです。

来店、訪問、オンラインの3つの相談方法から選ぶことができ、小さな子供がいる家庭やどうしても時間が取れない人でも気軽に相談できます。

生命保険の相談だけなら、電話とチャットでの相談にも対応しています。

オンライン相談は予約が必須ですが、当日でも空きがあればすぐに相談可能です。

取扱保険会社数 50社以上
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 店舗型、訪問型、オンライン
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

保険クリニック-無料相談

※株式会社DRCによるインターネット調べ 2023年10月

4位:保険見直し本舗

保険相談_おすすめ_保険見直し本舗

保険見直し本舗のおすすめポイント
  • アフターフォローまでまとめてサポート
  • 取り扱い保険会社数46社以上
  • 丁寧で分かりやすい説明

保険見直し本舗は、取り扱い保険会社数46社以上と比較できる保険商品が多いです。

また、取り扱いのない保険会社の概要まで教えてくれるのもメリットになります。

全国310店舗以上に拠点があり、対応地区も多いです。

多くの店舗ではキッズスペースを完備しているため、小さなお子さん連れでも安心です。

年中無休&フリーダイヤルのコールセンターや、保険金請求手続き代行など、サービス内容が手厚いのも特徴になります。

取扱保険会社数 46社以上
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 店舗型、訪問型
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

保険見直し本舗-公式サイト

5位:保険ライフ

保険相談_おすすめ_保険ライフ

保険ライフのおすすめポイント
  • オーダーメイドで保険商品を提案してくれる
  • 訪問、オンライン好きなスタイルで相談できる
  • 信頼できる担当者を見つけやすい

保険ライフは、50社以上の取り扱い保険会社と提携する保険相談サービスです。

これまで3万人以上の保険相談を実施した実績があり、初めての保険相談にもおすすめです。

提携する会社が多いほど、相談者の要望に沿った保険商品を提案してもらえる可能性が高くなります。

金融知識豊富なFPが多数在籍しており、保険商品はもちろん社会保険制度や税制、年金、医療制度に関する相談も可能です。

自宅やオンラインまで希望のスタイルで相談可能で、外出は不要です。

相談は何度でも無料だから、気軽に相談できるでしょう。

取扱保険会社数 50社以上
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

保険ライフ-公式サイト

6位:保険相談ニアエル

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

保険相談ニアエルのおすすめポイント
  • 最短30秒で予約ができる
  • 全て相談無料
  • 訪問相談にも対応

保険相談ニアエルは、誰でも気軽に保険相談窓口を検索・予約できるサービスです。

おすすめ順にショップが表示されるから選ぶのが楽で、口コミや評価の高い順に表示されたり、生命保険を扱っている店舗のみを表示させることもできます。

絞り込み機能が充実しているので、自分のニーズに合った店舗のみ絞れます。

また、掲載されている口コミは実際に相談したリアルなお客様の声なので、信憑性は高めです。

店舗に行く前に口コミを確認してショップを選びたいなら、保険相談ニアエルを利用してみてください。

取扱保険会社数 担当FPによる
生命保険の種類 定期保険、終身保険、養老保険、 個人年金保険、学資保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険、三大疾病保険
相談方法 店舗型、訪問型、オンライン
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

7位:マネードクター

保険相談_おすすめ_マネードクター

マネードクターのおすすめポイント
  • 相談料は何度でも無料
  • 資産運用や老後の準備についても相談できる
  • 親身になって相談を聞いてくれる

マネードクターは、CMでもよく見かける保険や家計、教育資金などの幅広いお金に関する悩みについて相談できる保険相談窓口です。

在籍しているのは経験豊富なFPのみ。

生命保険と金融サービスの専門家のみが集まる国際的組織である「MDRT会員」も多数在籍しており、優れた顧客サービスを提供しています。

何度でも無料で相談でき、回数無制限なので納得いくまで相談できます。

取り扱い保険会社数は40社以上。

複数の保険商品を比較検討して最適な保険を見つけられます。

取扱保険会社数 40社
生命保険の種類 定期保険、終身保険、養老保険、 個人年金保険、学資保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険、三大疾病保険
相談方法 店舗型、訪問型、オンライン
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

8位:保険市場

保険相談_おすすめ_保険市場

保険市場のおすすめポイント
  • 自分に合った保険を見つけやすい
  • コンサルタント指名制度を用意
  • クラブオフ会員限定のサービスがある

保険市場は、相談件数8万件以上を突破している保険相談窓口です。

東証プライム上場企業が運営するサービスで、取り扱い保険会社数は国内最大級の90社以上となっています。

総保険契約保有数は65万件を突破し、多くの人に選ばれています。

各種保険の一覧から気になる資料を一括で請求することが可能で、検討したい商品のみを自宅でゆっくり比較検討することも可能です。

相談方法は店舗、訪問、オンラインの3つから選ぶことができ、さまざまなニーズに合った相談ができます。

取扱保険会社数 90社
生命保険の種類 定期保険、終身保険、養老保険、 個人年金保険、学資保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険、女性保険
相談方法 店舗型、訪問型、オンライン
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

9位:保険マンモス

保険相談_おすすめ_保険マンモス

保険マンモスのおすすめポイント
  • 自分にあった保険を見つけられる
  • 実績も十分な提携FP
  • 無料で保険の加入や見直しなどの相談ができる

保険マンモスは、保険やお金のプロであるFPとマッチングしてもらえる無料保険相談サービスです。

利用者の顧客満足度は95%以上、累計申し込み件数は57万件以上と、多くの方に選ばれています。

相談形式や訪問とオンラインの2つから選べるので、ニーズに合った相談が可能です。

スマホを使ったオンライン相談も可能で、外出が難しい人でも気軽に相談できます。

優秀なFPと提携するための取り組みとしてイエローカード制度を導入しており、担当者と合わない場合はすぐに変更してくれるので安心です。

アンケート結果をフィードバックする体制も整っており、顧客第一に力を入れていることが分かります。

取扱保険会社数 担当FPによる
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型、オンライン
予約方法 ネット、電話
FP資格者 在籍

10位:保険deあんしん館

保険相談_おすすめ_保険deあんしん館

保険deあんしん館のおすすめポイント
  • 相談~アフターフォローを任せられる
  • 何度でも無料相談が可能
  • 豪華プレゼントも用意

保険deあんしん館は、年間の相談実績3,500件以上と多くの人に選ばれている保険相談窓口です。

取り扱い保険会社数は42社と豊富で、複数の商品をしっかり比較できます。

生命保険だけでなく、医療保険やがん保険、学資保険、個人年金保険、介護保険などのさまざまな種類の保険を取り扱っています。

また、3か月の研修期間と厳しい基準をクリアするための試験を徹底しており、ライフコンシェルジュの質が高いのも特徴です。

子連れ家族やプライバシーに配慮し、店舗には子供が楽しめるおもちゃやDVDなどを用意しています。

必要に応じてライフコンシェルジュが遊び相手になってくれるので、子供を気にせずに保険相談ができます。

取扱保険会社数 42社
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 店舗、訪問、オンライン
予約方法 Web、電話
FP資格者 在籍

11位:ほけんの窓口

ほけんの窓口

ほけんの窓口のおすすめポイント
  • 予約制で待たずに相談可能
  • 自宅からオンラインで相談可能
  • 40社、300商品以上から保険選択可能

ほけんの窓口は、保険選びをサポートする専門家集団として、多くの人にとって利用価値の高いサービスです。

ファイナンシャルプランナー等の専門家が、保険の基礎からライフプランに合った保険提案まで丁寧に行い、40社以上の保険会社の商品の取り扱いがあるので、多様なニーズに応えることができます。

無料かつ予約制で待ち時間なく相談ができ、オンラインでの相談も可能です。

保険選びに関して専門的かつ利用しやすい相談の場となっています。

取扱保険会社数 40社以上
生命保険の種類 終身保険、定期保険、収入保障保険、個人年金保険、養老保険、学資・こども保険、国民年金基金、介護保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険、三大疾病保険、特定疾病保険、出産・不妊治療のサポート
相談方法 店舗型・オンライン・電話
予約方法  ネット・電話
FP資格者 在籍

参考:https://www.hokennomadoguchi.com/

12位:みんなの生命保険アドバイザー

みんなの生命保険アドバイザー

みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 顧客満足度95%以上
  • 保険相談実績40万件以上
  • 全国・オンラインでの相談対応

みんなの生命保険アドバイザーは、お客様の声から生まれたWEBサービスです。

3万種類以上ある生命保険商品から、一人ひとりに合った最適な保険選びをサポートする厳選された「保険のプロ」を紹介してくれるので安心です。

万が一紹介したアドバイザーの提案内容に不安があれば、相談の停止やアドバイザーの変更が可能な「ストップコール制度」も設けています。

取扱保険会社数
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法 ネット
FP資格者 在籍

参考:https://www.41fp.com/

13位:LifeR

LifeR

LifeRのおすすめポイント
  • プロのFPによる無料相談提供
  • 16社の保険から最適な提案、厳選FPが対応
  • 自由な場所で相談可能な利便性と柔軟性

LifeRは、お金に関するあらゆる相談を無料で行えるプロのファイナンシャルプランナーを紹介してくれるサービスです。

14社の生命保険会社と2社の損害保険会社から選択肢が広く、12,000件以上の口コミを参考に厳選されたFPの質は高いと言えます。

相談場所は柔軟に選ぶことができ、1回あたり1時間30分前後の十分な相談時間が確保されています。

質の高いサービスと顧客への配慮が特徴の、優れたFP紹介サービスです。

取扱保険会社数 16社
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法  ネット・電話
FP資格者 在籍

参考:https://www.lif-er.com/

14位:保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコムのおすすめポイント
  • オンラインと対面での保険無料相談を選択可能
  • 知識豊富で信頼できる専門家が柔軟に対応
  • 幅広い商品紹介と個人に最適な提案、分かりやすい説明と資料提供

保険無料相談ドットコムは、オンラインと対面での保険無料相談を提供し、自宅から気軽に専門家に相談できます。

知識豊富で信頼できる相談員が、予定変更にも柔軟に対応してくれる、高品質なサービスです。

学資保険などの相談では、目的に焦点を置いた幅広い商品紹介と的確な提案を行い、NISAや保険会社・商品選びなどの複雑な内容も分かりやすく説明してくれます。

シミュレーション資料のメール送信など具体的な情報提供にも注力し、同じ担当者が長期的な視点での保険計画立案をサポートしてくれます。

取扱保険会社数 37社
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法  ネット・電話
FP資格者 在籍

参考:https://hokenmuryosoudan.com/

15位:マネプロ

マネプロ

マネプロのおすすめポイント
  • 中立的な立場から保険・資産運用など幅広い金融商品を提案
  • 50社以上の保険と独立系IFAによる資産運用サポートで最適な選択肢を提供
  • 顧客満足度98.9%

マネプロは、中立的な立場から保険・資産運用・住宅ローンなど幅広い金融商品を提案してくれるサービスです。

約50社の保険会社や独立系IFAとの連携により、ライフプランに最適な選択肢を提案してくれます。

高い顧客満足度と多数の相談実績、300億円に達する金融商品預かり資産残高は、マネプロのサービスの質の高さと顧客からの信頼の証と言えます。

ライフプラン実現をワンストップでサポートする強みを持つ、頼れる保険相談窓口です。

取扱保険会社数 50社以上
生命保険の種類 終身保険、収入保障保険、個人年金保険、定期保険、学資保険、介護保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法  ネット・電話
FP資格者 在籍

参考:https://www.moneypro.jp/

16位:マネーアドバンス

マネーアドバンス

マネーアドバンスのおすすめポイント
  • 10万件以上の実績と全員FP資格保有の350名以上のプランナー在籍
  • オンライン・対面で何度でも無料相談可能
  • 子育てや老後資金など様々な悩みに具体策を提案

マネーアドバンスは10万件以上の相談実績を持ち、全員がFP資格を保有する350名以上のプランナーが在籍しています。

子育てや老後資金など様々なお金の悩みに対して、オンラインや対面で何度でも無料相談が可能です。

具体的な解決策を提案してくれるサービスであり、金融機関からの手数料で運営されているため、顧客は気軽に相談を始められます。

専門家の丁寧なサポートを受けられる、頼れるお金の相談サービスです。

取扱保険会社数
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法  ネット
FP資格者 在籍

参考:https://moneyadvance.jp/

17位:マネーキャリア

マネーキャリア

マネーキャリアのおすすめポイント
  • 80,000件超の相談実績と98.6%の高い満足度
  • 女性特有の悩みに対応できる女性FPが多数在籍
  • 資産形成、家計、保険などの分野で専門家が個別アドバイス

マネーキャリアは、80,000件を超える相談実績と98.6%の高い満足度を誇り、資産形成、家計、保険などの分野で専門家が個別アドバイスを提供しています。

女性特有のお金の悩みにも対応できるよう、女性FPが多数在籍しているのが特徴です。

東大森勝太などの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに真摯に寄り添い、最適な解決策を提案することで、様々なキャリアを歩む人々のお金の問題解決をサポートしてくれます。

取扱保険会社数 50社
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法 ネット・LINE
FP資格者 在籍

参考:https://money-career.com/

18位:ゼクシィ保険ショップ

ゼクシィ保険ショップ

ゼクシィ保険ショップのおすすめポイント
  • 押し売りせず、顧客に合った最適な保険を提案
  • 新婚向け家計・保険相談で97%満足度
  • 必要な保険のみ提案、丁寧なヒアリング

ゼクシィ保険ショップは、新婚のカップルに寄り添い、家計・保険・ライフプランの相談パートナーとして、顧客満足度97%を誇るサービスを提供しています。

ファイナンシャルアドバイザーが丁寧にヒアリングし、押し売りをせずに顧客一人ひとりのニーズに合った最適な保険を提案するのが特徴です。

必要のない保険は提案せず、カップルのことを第一に考えた対応で信頼を獲得しており、利用者から家族や友人に勧めたいと思われるほどの安心感を提供してくれます。

取扱保険会社数 21社
生命保険の種類 死亡保険、学資保険、個人年金保険、介護保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険、特定疾病保障保険
相談方法 店舗型・オンライン
予約方法  ネット・電話
FP資格者 在籍

参考:https://hoken.zexy.net/

19位:保険deあんしん館

保険deあんしん館

保険deあんしん館のおすすめポイント
  • 専門研修を修了した ライフコンシェルジュが相談対応
  • 最大42社の生保・損保商品を幅広く取り扱い
  • 口コミ総合評価97%、しつこい勧誘や無理な営業はなし

保険deあんしん館は、専門研修を修了した ライフコンシェルジュ と呼ばれる相談員が在籍しています。

国内外資系の生命保険会社および損害保険会社を合わせて最大42社の商品を取り扱い、顧客のライフステージに合わせた最適な保険提案ををしてくれます。

生命保険、医療保険、がん保険など多岐にわたる保険商品を提供し、口コミ総合評価は97%と高評価です。

しつこい勧誘や無理な営業を禁止することで、安心して相談ができます。

取扱保険会社数 最大42社
生命保険の種類 生命保険、学資保険、年金保険、収入保障保険
医療保険の種類 医療保険、がん保険、女性保険
相談方法 店舗型
予約方法  ネット・電話
FP資格者 在籍

参考:https://www.hoken-anshinkan.jp/

20位:ほけんパレット

ほけんパレット

保険deあんしん館のおすすめポイント
  • 38社の保険会社から最適な保険をオーダーメイド提案
  • 何度でも無料で相談可能、オンラインにも対応
  • 強引な勧誘なし、相談者にギフト特典あり

ほけんパレットは38社の保険会社の商品から、ニーズに合わせたオーダーメイドの保険を提案してくれます。

何度でも無料で相談可能で、オンラインにも対応しているため、気軽に保険の相談ができます。

強引な勧誘は行わず、納得するまでじっくり相談できるのが特徴です。

一人ひとりに合わせた保険の提案とサポートを行ってくれます。

取扱保険会社数 38社
生命保険の種類
医療保険の種類
相談方法 訪問型・オンライン
予約方法  ネット
FP資格者 在籍

参考:https://aiconsul.net/lp/

そもそも、保険相談とは?

保険相談_おすすめ_保険相談とは

保険相談窓口での保険相談は、「持ち物・準備なし」、「知識なし」でも可能です。

手ぶらであっても保険相談はできるので、気軽に訪れてみてください。

保険に関する悩みや気になることは、保険やお金のプロであるアドバイザーが分かりやすく教えてくれます。

まずは気軽に相談してみることが、現在抱えている悩みや不安の解消になるでしょう。

保険相談は基本的に何度でも無料

保険相談窓口での保険相談は、基本的に何度でも無料です。

何度相談してもお金がかかることはありません。

保険の窓口を経由して新たに保険に加入する場合でも、手数料は0円です。

安心して、納得いくまで相談ができます。

無理に保険に勧誘されることもないので、じっくり保険と向き合えるでしょう。

1回の相談時間は1時間~2時間ほどで、保険相談をして保険の新規加入や見直しをされる方は、平均2~3回ほど無料相談を利用しています。

保険は人生において2番目に高い買い物とも言われています。

そんな人生に関わる保険選びに苦戦する人は多いでしょう。

保険相談窓口なら、基本的にどの窓口でも何度でも無料相談が可能です。

何回利用しても、嫌な顔をされることもありません。

保険相談は店頭・訪問・オンラインから選べる

保険相談では、

  • 窓口やショップでの店頭型(来店型)
  • 自宅や近所のカフェに相談員が来てくれる訪問型
  • 自宅でスマホやPCのみで気軽に相談できるオンライン型

の3つのパターンから選べます。

都合に合わせて相談方法を選べるので、気軽に相談しやすいです。

保険相談サービスによっても相談方法は異なりますが、基本的にはこの3つのパターンが採用されています。

「直接相談員と会って話をしたい」「まとまった時間が取りにくいから近くまで来てほしい」「子供が小さく外出しにくい」など、利用者の状況に合わせた豊富な相談方法が準備されています。

オンラインであれば、インターネットに接続されているスマホやPCがあれば自宅で気軽に相談できるので、手間も少ないです。

また、自宅で相談できることもあり、「保険証書を忘れた!」ということもないでしょう。

保険以外の家計全般の相談ができる

保険相談窓口では、保険に関することはもちろん、お金に関する総合的なアドバイスが可能です。

例えば、家計の見直し、将来のキャッシュフロー診断、子供の教育資金、資産運用、住宅ローン、相続関連、夫婦の老後資金などです。

人生のさまざまなシーンで必ず出てくるお金の悩み。

保険相談窓口にはお金に関するプロが在籍しており、保険も家計も資産運用もまとめて相談できます。

保険相談のメリットとデメリット

保険相談_おすすめ_メリットとデメリット

保険相談には、それぞれメリットとデメリットがあります。

保険相談サービスを利用する前に、どんなメリットとデメリットがあるのかを把握しておきましょう。

保険相談のメリット 保険相談のデメリット
・複数の保険会社の中から比較検討できる
・身近な場所で気軽に相談できる
・契約後のアフターフォローがある
・保険の勧誘がしつこくない
・担当者の質に違いがある
・会社によって取り扱っている保険会社が異なる
・何度か来店が必要

保険相談のメリット1.複数の保険会社の中から比較検討できる

保険相談ショップを利用することで、複数の保険会社の中からさまざまな商品を比較検討できます。

保険相談ショップでは複数の会社の商品を取り扱い、それぞれの特徴を説明しながら提案してくれます。

生命保険に加入したい場合でも、保障内容や保険料、プランなどが異なるため、複数の保険商品を比較することが大事です。

一つの窓口でさまざまな保険商品を比較検討できるのは、嬉しいメリットです。

保険相談のメリット2.身近な場所で気軽に相談できる

店頭での相談の場合、直接店舗に来店する必要がありますが、

ショッピングモールや駅ビルなど、日常的になじみのある場所に店舗を構えてることが多いです。

そのため、仕事終わりや買い物ついでなど、気軽に相談しやすいのもメリットです。

また、店舗によっては夜遅くまで営業しているところも多く、遅い時間でも相談できます。

来店が難しい場合、職場や近くのカフェ、自宅での相談もできるので、一度保険ショップに問い合わせをしてみてください。

保険相談のメリット3.契約後のアフターフォローがある

保険相談ショップで保険契約をした場合、契約後の給付請求の手続きやプランを見直したい場合に相談に乗ってくれます。

また、名義変更や住所変更などの手続きをしてもらうこともでき、自分で手続きを行う手間が少なくなります。

複数社で保険契約をする場合も、まとめて変更を依頼することも可能です。

アフターフォローの主な内容
  • 住所や名義、引き落とし口座の変更など
  • 給付請求
  • 更新・解約
  • 保険の見直し
  • 保険証券や控除証明書の再発行など

保険相談のメリット4.保険の勧誘がしつこくない

「保険相談ショップで相談したら、保険を契約しろとしつこく言われるんじゃないの?」

と不安に思っている人もいると思います。

ですが、保険相談ショップではしつこい保険勧誘を禁止しています。

無料相談を利用したとしても、しつこく保険の契約を迫られることはありません。

担当者によっては提案内容にしつこさを感じてしまうこともありますが、

運営側に相談すれば担当者の変更対応にも応じてくれます。

相談者が不快にならないようなサービス設計がなされていますので、安心して相談できます。

保険相談のデメリット1.担当者の質に違いがある

保険相談ショップでは、どこも相談者に対して満足のいくサービスを提供するように、社内研修や教育制度を徹底しています。

そのため、担当者の質に大きな違いはありません。

ですが、人それぞれ能力や性格が異なるように、スタッフの能力も性格も人それぞれ異なります。

どれだけ評判の良いショップを選んだとしても、担当者との相性が合わなかったり、提案力が低い担当者に当たることもあります。

担当者の能力が突然上がることはないので、もしも相性が合わなかったり、

提案力が低いと感じたら店舗に対して担当者の変更ができないかを確認してみてください。

保険相談のデメリット2.会社によって取り扱っている保険会社が異なる

保険相談ショップによっても取り扱っている保険会社や商品の数が異なります。

気になる保険商品があるなら、あらかじめ公式サイトなどで該当する商品を取り扱っているかを確認しておくと良いでしょう。

たくさんの商品の中から最適な保険を選びたいなら、取り扱い商品の多い保険相談ショップを選ぶようにしましょう。

保険相談のデメリット3.何度か来店が必要

保険の相談から契約まで行う場合、2~3回ほど通う必要があります。

もちろん、1回目の来店で保険契約まで決めることも可能ですが、平均2~3回ほど無料相談を利用する人が多いです。

何らかの理由で来店するのが難しい場合、オンラインや訪問での相談を利用するのが良いでしょう。

保険相談窓口を選ぶ際のポイント

保険相談窓口_おすすめ_選び方

ここからは、保険相談窓口を選ぶ際のポイントを紹介します。

取り扱い保険会社数

保険相談窓口によっても、取り扱い保険会社数は異なります。

取り扱いの保険会社数が多いほど選択肢が広がるため、できれば取り扱い保険会社数が多い保険相談窓口がおすすめです。

中には50社以上の保険会社の商品を取り扱っている窓口もあります。

50社全部を比較できるわけではないですが、細かい条件がある人は取り扱いの保険会社数が多いほど、選択肢も多くなるでしょう。

設備(キッズスペースの有無など)

小さなお子さんがいる家庭で店頭での相談を検討しているなら、設備に関しても確認しておくと良いでしょう。

キッズスペースが完備された保険ショップなら、小さなお子さんがいても安心です。

また、ショップによっては保険相談中、スタッフが子供と遊んでくれるところもあります。

そのような設備やスタッフが在籍していれば、パパ・ママも保険相談に集中できるでしょう。

保有資格

保険相談窓口を選ぶ基準として、FP資格の有無が挙げられます。

自分に合う最適な保険を選ぶためには、知識や経験豊富なFPに相談するのが基本です。

スタッフのスキルを客観的に評価するのが、このFP資格です。

FP資格を取得しているということは、暮らしとお金に関するさまざまな専門知識を有しているということになります。

保険相談窓口のスタッフは保険募集人資格を取得していますが、FP資格の取得義務はありません。

そのため、FP資格の保有者が多い保険相談窓口は、金融に関する知識や経験を有するスタッフが多いということです。

知識や経験が豊富なスタッフが多ければ、保険に関する悩みに対して真摯に向き合ってくれるでしょう。

口コミや評判

初めての保険相談では不安がつきものだからこそ、ショップの口コミ評判は事前に確認しておきましょう。

保険の加入は自分や家族の人生に影響するほど重要な機会です。

そんな時に信頼できる相談相手や相談窓口があれば、とても心強いでしょう。

このように、信頼度が高く実績のある相談窓口を利用するには、口コミや評判を調査することが大事です。

保険相談をする際の注意点

保険相談窓口_おすすめ_注意点

ここからは、保険相談をする際の注意点を紹介します。

必要書類を用意しておく

保険相談をする際は、必要書類を用意しておくと良いです。

例えば、保険の新規加入や見直しを検討している場合、家庭の収支が関係してくるため、現在の家計状況が分かる書類を用意しておくと分かりやすいです。

家計状況が分かる書類があれば、スタッフも適切なアドバイスをしやすくなります。

また、現在保険契約をしているなら、保障内容が被らないようにするためにも保険証券が必要です。

初めて会う相手に家計の全てをさらけ出すのは抵抗があると思いますが、的確のアドバイスや商品を紹介してもらうためには非常に重要なポイントです。

スムーズに保険相談を進めるためにも、必要書類は用意しておきましょう。

保険相談の際に用意しておきたい書類
  • 現在契約中の保険証券
  • 給与明細や確定申告書などの収入が分かるもの
  • 家計の支出状況が分かるもの(家計簿など)
  • ねんきん定期便

保険に加入する目的を明確にする

保険の知識が何もなくても保険相談をすることは可能ですが、漠然と保険をどうにかしたいと考えて相談するのはあまり好ましくありません。

最適な保険に加入するためにも、「なんのために保険に加入するのか」を明確にする必要があります。

「保険料を減らしたい」「保障内容が今の自分に合っているのかを確認したい」など、相談する目的を明確にしておきましょう。

遠慮や妥協はしない

保険相談や契約をする時は、遠慮や妥協は必要ありません。

少しでも疑問や不安があるなら、その都度相談して解消することをおすすめします。

スタッフの提案を断るのが苦手な人もいると思いますが、悩みや不安がある状態で保険契約をしても失敗するリスクが高まります。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。

遠慮や妥協はなしで、満足できる結果を出すようにしましょう。

保険相談にあると良い物

ここからは、保険相談にあると良い物を紹介します。

健康診断書

保険相談に健康診断書を持参することは、自分の健康状態を正確に伝える上で重要です。

健康診断書には、血圧、血糖値、肝機能などの重要な健康指標が記載されており、これらの情報は保険料の算定や引受条件に影響を与えます。

特に、持病がある場合や過去に大きな病気やケガをした経験がある場合は、健康診断書を提示することで、より適切なアドバイスを受けられます。

アドバイザーは健康診断書をもとに、加入できる保険の選択肢や条件を的確に提示してくれるでしょう。

保険加入時の告知義務を果たすためにも、最新の健康診断書を用意しておくことをおすすめします。

これにより、将来的なトラブルを未然に防ぐことができます。

加入している保険の内容がわかるもの

現在加入している保険の内容を把握することは、保険相談を効果的に進める上で欠かせません。

保険証券や特約書など、現在の保障内容がわかる資料を持参することで、アドバイザーはより的確なアドバイスを提供できます。

加入中の保険の保障内容や特約、支払い条件などを再確認することで、過剰な保障や不足している保障を発見できます。

その上で、ライフステージに合わせた保障の見直しを検討できます。

また、現在の保険料と新たな保険プランの保険料を比較することで、より効果的な保障設計が可能になります。

加入中の保険の資料を準備して相談に臨むことで、無駄のない保険設計を実現しましょう。

治療歴がわかるもの

過去の治療歴は、保険加入の可否や条件に大きな影響を与えます。

持病や過去の病歴がある場合、治療内容や経過がわかる資料を保険相談に持参しましょう。

例えば、退院時のサマリーや診断書、お薬手帳などは、治療の内容や経過を正確に伝える上で役立ちます。

これらの情報をもとに、アドバイザーは加入可能な保険商品や特約、引受条件などを提案してくれます。

正直に治療歴を開示することで、より自分に合った保険プランを提案してもらえます。また、告知義務違反によるトラブルを避けることができます。

過去の治療歴については、保険会社によって引受基準が異なる場合があります。

複数の保険会社の商品を比較検討できるよう、治療歴に関する資料を準備しておくことをおすすめします。

保険相談におすすめの時期・タイミング

保険相談窓口_おすすめ_時期

ここからは、保険相談におすすめの時期・タイミングを紹介します。

転職・就職

転職や就職は、保険の見直しに最適なタイミングです。

特に、社会人になるタイミングで保険に加入することを検討する人は多いでしょう。

新しい職場の福利厚生制度を確認し、不足する保障を把握することが重要です。

例えば、会社の団体保険で十分な保障が得られない場合は、個人で保険に加入することを検討します。

また、収入が増えたタイミングで、将来に備えた保障を手厚くすることも考えられます。

死亡保険や医療保険、がん保険など、ライフステージに合わせた保障を設計しましょう。

転職・就職を機に、保険相談を活用して、自分に合った保障を準備することをおすすめします。

保険のプロであるアドバイザーが、新しいライフステージに合わせた最適な保険プランを提案してくれるはずです。

結婚

結婚のタイミングは、保険の加入や見直しの大きなポイントです。

結婚をすると、自分一人の人生ではなく家族の人生も関わってきます。

夫婦どちらかに万が一のことが起きた場合、残された家族の生活を考える必要があります。

また、結婚のタイミングで将来について話し合うきっかけになるから、保険相談に最適なタイミングと言えるのです。

年齢の若い内に保険に加入した方が、保険料や加入の面で有利になることが多いです。

保険は加入時の被保険者の年齢や性別から保険料を算出します。

病気や死亡のリスクが低い若いうちのほうが、保険料が安くなるという仕組みなわけです。

保険料が安いうちに加入していれば、今後の家計負担も軽減されます。

妊娠前

これから子供を持つ予定があるのであれば、このタイミングで保険の新規加入や見直しを検討しておくのがおすすめです。

例えば、医療保険だと妊娠が発覚する前と後では加入できる保険が限られてしまいます。

そのため、異常分娩に関する保障を受けられない可能性もあります。

帝王切開や切迫早産になってしまった場合に備えて、医療保険に加入しておくと良いでしょう。

住宅購入

住宅購入を検討しているなら、合わせて保険の見直しも行う絶好のタイミングです。

住宅ローンを利用することで、大幅に保険料を減らせる可能性があります。

住宅を購入する際、団信(団体信用生命保険)に加入するのが一般的です。

団信に加入することで、万が一の際の住宅ローンの残債が相殺されるため、その分の死亡保障を減額できます。

ですが、フラット35や一部の金融機関では、団信が任意加入の場合もあります。

その場合は、死亡保障を逆に増額する必要があるでしょう。

各家庭に合った死亡保障額の目安はそれぞれ異なります。

必要であれば、保険相談窓口を利用してFPに相談しましょう。

また、働けなくなった際のリスクに備える必要があるなら、「就業不能保険」も一つの解決手段です。

また、自動車保険についても見直しが必要です。

車の買い替えに合わせて、補償内容や特約を再検討しましょう。

大きな買い物のタイミングで、保険相談を活用して必要な保障を見直すことが重要です。

アドバイザーが、家計の状況やライフプランに合わせた最適な保険プランを提案してくれます。

自営業になった時

会社員から自営業になった場合、加入する公的医療保険が異なります。

例えば、会社員が加入する社会保険では、病気やケガで働けなくなった時に給与の3分の2程度の傷病手当金を受け取れます。

これは、自営業になると無くなります。

自営業者は会社員と同様の保障を受けられなくなるため、その分任意で加入する就業不能保険や医療保険などに加入し、備えておくと安心です。

子どもの独立

子どもが成人して独立した場合、それまで子供のために備えていた保障を減らすことができます。

減らした分の保険料分で、医療保険や介護保険を必要に応じて増額しても良いでしょう。

自身の健康状況や貯蓄額を考慮しながら、医療保険や個人年金保険、介護保険の見直しを検討してみてください。

定年退職

定年退職は、保険の見直しに適したタイミングのひとつです。

会社の団体保険から外れることで、保障が大きく変わる可能性があります。

退職後の収入減少や健康状態の変化を見据えて、必要な保障を再検討することが重要です。

例えば、医療保険や介護保険など、シニア期に備えた保障を充実させることを考えましょう。

一方で、退職金を活用して保険料の一括払いを検討するのもひとつの選択肢です。

保険料の支払いが完了することで、将来的な保険料負担を軽減できます。

定年退職後の保障については、保険相談で専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

アドバイザーが、定年退職後のライフプランに合わせた保障設計を提案してくれるでしょう。

契約している保険の更新前

契約している保険の更新時期は、保障内容や保険料を見直すチャンスです。

保険相談を活用して、現在の保障が適切かどうかを確認しましょう。

保険料の値上げや、保障内容の変更があった場合は、他の保険会社の商品と比較検討することも大切です。

保険相談では、複数の保険会社の商品を比較して、最適なプランを提案してもらえます。

一方で、健康状態に変化があった場合は、更新前に保険相談で対応方法を確認することをおすすめします。

告知義務について適切なアドバイスを受けられます。

ライフステージの変化に合わせて、定期的に保険の見直しを行うことが賢明です。

更新前の保険相談を活用して、無駄のない保障設計を目指しましょう。

保険相談のおすすめ|Q&A

保険相談_おすすめ_Q&A

最後に、保険相談のおすすめに関する気になる疑問に回答していきます。

保険相談はなぜ無料?カラクリは?

無料の保険相談は、保険会社と代理店販売契約を結んだ保険相談窓口で相談者が保険を契約することで、保険会社から販売手数料を受け取って運営されています。

相談者からお金を取らなくてもビジネスが成り立っている仕組みです。

手数料が保険相談窓口の収入源であるため、完全に中立的な立場で保険の提案ができるわけです。

保険相談の時間はどのくらいですか?

保険相談の所要時間は、相談内容や個人の状況によって異なりますが、通常は1時間から2時間程度が目安です。

初回は長めになる傾向がありますが、2回目以降は比較的短時間で終了します。

保険に加入するかは説明を受けてから検討してもいいですか?

もちろん、説明を受けた後に検討するのは当然の流れです。

保険は長期の契約なので、内容を十分に理解し、納得した上で加入を判断することが重要です。

信頼できるアドバイザーは、加入を急がせることはありません。

保険の見直しは何年ごとに行えばいいですか?

保険の見直しを何年置きにするという決まりはありません。

定期型の医療保険に加入している場合、5年・10年などの契約更新が行われるタイミングで見直すのが一般的です。

また、ライフスタイルの変化に合わせて保険の見直しを行うと、効果的です。

保険見直し本舗とほけんの窓口どっちがいい?

保険見直し本舗とほけんの窓口はどちらも保険代理店になります。

取り扱い保険会社数だけで言うと、ほけんの窓口の方が多いです。

評判はどちらも高く、一概にどちらがいいと言い切ることは難しいです。

断るのが苦手なのですが勧誘されたりしないですか?

良心的なアドバイザーは、強引な勧誘はしません。

しかし、一部に悪質な勧誘をする者もいます。

そのような場合は、毅然とした態度で断ることが大切です。事前にアドバイザーの評判を確認し、信頼できる相談先を選びましょう。

保険相談で事前に準備しておいた方がいいことはありますか?

事前に、家計の収支内訳、加入中の保険の詳細、健康状態に関する情報、ライフプランの詳細などを整理しておくと良いでしょう。

また、保険に関する基本的な知識を身につけておくことで、よりスムーズな相談が可能になります。

火災保険や自動車保険などの損害保険も相談できますか?

多くの保険相談では、生命保険だけでなく、火災保険や自動車保険などの損害保険についても専門的なアドバイスを受けられます。

生命保険と損害保険は密接に関連しているため、トータルな保障設計が可能です。

保険相談のおすすめ|まとめ

保険相談_おすすめ_まとめ

この記事ではおすすめの保険相談窓口を紹介しました。

本記事で紹介した保険相談窓口は全て無料です。

保険相談窓口選びに悩んだ、複数のショップで無料相談をしてみることをおすすめします。

実際に何社か利用してみれば、相談しやすいショップやFPの提案力、気になる保険商品が見つかるでしょう。

一部の保険相談窓口では面談で豪華なプレゼントがもらえるキャンペーンを実施しています。

ぜひ、この機会に相談してみてはいかがでしょうか。