トップ > 保険のあれこれ > 意外と知らない!?損害保険の種類と補償内容について

意外と知らない!?損害保険の種類と補償内容について

Share

保険には主に「ヒト」に掛けるものと「モノ」に掛けるものがあります。
この記事では「モノ」に掛ける「損害保険」について解説します。

損害保険とは?

損害保険とは「偶然のリスクによって生じた損害をカバーするもの」であり、「実際の損害額を補償する」のが特徴です。
主な損害保険には「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」「賠償責任保険」「所得補償保険」などがあります。

自動車を購入する際に自動車保険や自賠責保険、家を購入する際や借りる際に火災保険や地震保険、自転車に乗るために傷害保険など、損害保険に加入されている方も多いのではないでしょうか。
しかし、加入されている損害保険には、お客様に必要な補償が付帯されていなかったり、逆に不要な補償が付帯されていたり、見直しが必要な場合もあります。
また、定期的に見直しを行わないと、いざという時に十分な補償を受けられない場合もあります。
自然災害、ケガ、盗難、損害賠償責任など、リスクに応じて必要な損害保険も変わってきます。
想定されるリスクに対して最適な過不足のない保険を掛けることが大切です。

意外と知らない!?損害保険の補償内容

意外と知らない方も多いのですが、以下のようなケースでも補償の対象となることもございます。

自動車保険

・車のボディに落書きされ、ドアを交換しないといけなくなった。
・台風・竜巻・洪水・高潮で車が壊れた。
・駅の階段で転んでケガをして治療代がかかってしまった。

火災保険

・赤ちゃんがおもちゃを投げて、窓ガラスを割ってしまった。
・子どもがよろけてガラス戸にぶつかり、窓ガラスを割ってしまった。
・掃除機をかけているときに机にぶつかり、デジカメを落として壊してしまった。
・模様替え中に壁に家具をぶつけてしまい穴をあけてしまった。
・ひったくりにあってカバン・家の鍵等が盗まれた。
・水まわりトラブルの応急処置を無料で行ってもらえる。
・家の鍵を紛失時など、開錠・破錠を無料で行ってもらえる。

個人賠償責任保険

自動車保険や火災保険に特約として付加されているケースが多いです。

・買い物中にお店の商品にキズをつけてしまった。
・自転車で走行中、歩行者にぶつかりケガをさせてしまった。
・散歩中、飼い犬が他人に噛みついて、ケガをさせてしまった。
・駐車中の他人の自動車にボールをぶつけてしまい、フロントガラスにヒビが入ってしまった。
・子どもがお友達の家でテレビゲームをしているときにコントローラーを誤って飛ばしてしまい、テレビの液晶を壊してしまった。
・子どもが幼稚園でケンカをして相手の子どもにケガを負わせてしまった。

※ご加入中の損害保険の補償内容や事故のケースによっては、補償の対象外となることもございます。また、故意に破損・故障された場合は補償の対象外となります。

まとめ

偶然のアクシデントに対して保険金が支払われる損害保険。
高価なものを購入したときや予想外の行動をする小さな子どもやペットがいる際は入っておきたいですね。
Total Life designのライフデザイナーはお客様に最適な損害保険のプランニングをします。
自分に合った損害保険がわからない場合は、ぜひご相談ください。

Share